2016.02.22 Monday

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    2014.09.06 Saturday

    第二回大阪文フリ『ツーピース』のこと

    0
      『ツーピース』 A5版 96ページ/500円
      表紙:よし国よしさん(@yoshikuni_4)

      大阪文フリでは伊藤鳥子さんとの共同企画の女装男子本シリーズのほかに個人誌を出します。
      まず、こちらのお話を。

      カタログに記載の通り、「男女/少女と少女/少年と少年」の”かけがえのない相手への愛”を取り扱った短編集となりました。
      絶対に出すぞという気合いでカタログに書いたので実現できてよかったです。

      目次
      ・1LDKプラネット
      ・イミテーションズブルー
      ・シーアネモネ
      全部で100枚越えでした。

      ・1LDKプラネット
      顔にコンプレックスを持ち、クラスで無視されている努は、
      体型にコンプレックスを持ち、努以上にクラスでいじめられている志津香に対し、
      ぼくらは同じ惑星の出身とだという思い込みからアプローチをし、
      恋愛関係になる。
      志津香は努のためにとダイエットを始める。
      7年かけて20キロ痩せていった志津香は美しい女性になった。
      そのことによってふたりの関係は少しずつ軋み始めた。

      ・イミテーションズブルー
      男になりたいあすかと、男のあすかを愛していたい梓。
      高校2年生になり、あすかは少しずつ美しい女性になっていくことに
      梓は気づいてしまい、同時期に絵のスランプになる。
      少女と少女のふたりだけの秘密の話。

      ・シーアネモネ
      高校の入学式、宝良はじぶんによく似たあたえを見つける。
      ふたりは同じクラスの隣の席で、すぐに仲良くなる。
      じぶんと似ているあたえを好きになってしまったことの葛藤。
      次第にあたえが似ていない事実が明かされていく。
      思春期の少年たちの青春恋愛小説。

      告知は以上です。
      よろしくお願いします。

      ※以下、核心に迫っていませんがちょっと長いです。(いわゆるどうでもいい話です)

      ●コンセプト
      『ツーピース』、たぶん、正しくは「ツーピーシーズ」ですね。
      イメージ的にはピザ12ピースみたいな、
      元はひとつのものがパックリ割れてふたつになってしまった話が書きたかった。
      (喩えにあげるのがピザで申し訳ない。)
      春の新刊があまりにも爽やかすぎたので(一番ドロドロだった『神は死なない』でさえ結構ドロドロでもなかった)
      今回は大阪文フリ初出店ということで、ギトギトを書こうと思い、最近で一番ギトギトしているはずです。

      実はわたしが2回目に出たイベントって、関西コミティアなんです。
      関西のイベントに出たかった……。
      初期衝動というわけじゃないけど、『雨の日、テトラポッドで』以上の作品を書くのが目標でした。
      春の文フリが終わった時点で次はこれをやりたいとすぐに思いつきました。

      ●表紙
      よし国よしさんです。
      よしさんが一枚絵で挿絵をやってみたいというツイートされていたので畏れ多いなぁと思いつつ、
      すぐに連絡させてもらいました。
      よしさんは女装男子本2冊目の『女装男子がかわいすぎるので同人誌をつくってみた』で絵を寄稿していただきました。
      本になってから初めて見たのですが、絵を見た瞬間に「すごく好きだ」と思ってからずっと好きです。
      本人にもウザいくらい伝えました。ほんとうに好きです。
      漫画も出版されています。『鬼眼謎払いあやかしの恋』
      フライングゲットしました。
      線のかっこよさとか、人物の輪郭が好きです。
      ほんとうにたくさんご迷惑をかけてしまいましたが、素敵な表紙を描いていただきました。
      活動していてよかった。
      短編集はだいたい3本目に一番長くて、タイトル的な作品を書くので、
      『シーアネモネ』のイメージを表に描いていただきました。
      文字は今回は凝らなかったです。同化してしまえ、と思いました。

      ●内容
      詳しいことは恐らくまた別途HPかなにかに書きます。
      『シーアネモネ』→『イミテーションズブルー』→『1LDKプラネット』の順で書きました。
      いやぁ、小説が、全然書けない時期で困りました。
      何回か推敲してようやく全部書きたいことがわかりました。
      最初『シーアネモネ』だけの本でもいいかなと思ったんですが、
      案外最後に書いた『1LDKプラネット』がこの本の象徴にもなっているのではないかと言えるし、
      『イミテーションズブルー』は一番苦戦したけど、中表紙の次の一行詩はここから取ったので
      どこかしら世界観が共通できたものが生まれたのではないかと思いました。

      ●どういうひとに勧めたいか
      とにかくギトギトとかモヤモヤが好きなひと。笑
      あと、『イミテーションズブルー』は百合、というか少女同士の恋愛で、
      『シーアネモネ』は『雨ポ』よりも圧倒的にJUNE感を強くしたのでそういうのが好きという方は尚更。
      (個人的にあれは同性愛同棲小説というジャンルです)
      わたしはあまり市場に詳しくないので狙った書き方はしておらずいつもの感じで書いたので……。
      気になったらお手に取っていただければと思います。

      以上です。

      1103号室。霜月みつか

       
      Calendar
        12345
      6789101112
      13141516171819
      20212223242526
      2728293031  
      << August 2017 >>
      PR
      Selected Entries
      Categories
      Archives
      Links
      Profile
      Search this site.
      Others
      Mobile
      qrcode
      Powered by
      30days Album
      無料ブログ作成サービス JUGEM